一人で仕事を行う事が多いので気楽

人付き合いが苦手な人も安心して働ける

トラックドライバーは、勤務先の方針や仕事内容にもよりますが、一人で仕事を行うことが多いため、人付き合いが苦手な人も気楽に働けるというメリットがあります。特に、長距離トラックのドライバーは、取引先や顧客のもとへ出向くまでのほとんどの時間を一人で過ごすため、自分のペースで仕事を続けたい人に向いています。また、最近ではトラックドライバーの人材確保や離職率の低下を目標として、労働時間や拘束時間を見直そうとする運送会社の数も増えており、従来よりも働きやすい環境が整いつつあります。なお、トラックドライバーの業務経験が少ない人は、仕事量がなるべく少ないところや、業務研修を受けられるところを勤務先に選ぶことがおすすめです。

未経験の中高年者も活躍しやすい

運送業界ではトラックドライバーの人材が慢性的に不足しており、所定の運転免許を持つ人であれば、未経験の中高年者も活躍することができます。また、幅広い年代のトラックドライバーを受け入れるために、正社員の他にパート勤務を認めている運送会社の数も徐々に増えており、定年退職後の人や主婦も働きやすくなっています。セールスドライバーとして運転だけでなく接客も担当する場合には、最低限のコミュニケーション能力が必要となりますが、マニュアルや研修がしっかりしている職場を選ぶことで、適性や能力などにかかわらず安心して働くことが可能です。その他、夜間や早朝など人手不足の時間帯については、トラックドライバーの経験が無い人も高収入を得やすくなっています。